トップページへ戻る > ケミカルピーリングで毛穴ケア

ケミカルピーリングで毛穴ケア

ケミカルピーリングのことを知らない方も多いと思うので、
説明しておきますね。

ケミカルピーリングってのは、フルーツ酸の一種である
グリコール酸やサリチル酸などの酸を塗ることで表皮に残っている
古い角質層を取る方法のことを指します。

古くは古代エジプトでクレオパトラが似たようなことを
行っていたといわれています。その後、欧米のほうで研究が進んで、
日本で流行ったのは1990年代半ばとなっています。

「酸を使っているけど、ホントにお肌に大丈夫なの?」

酸というと、テレビや漫画の影響もあり、骨まで溶かす硫酸の
イメージが強いですが、当然そんなことはありません(^^

あくまで角質同士の接着を緩めて古い角質層をはがれやすくする
ための使い方ですね。

主ににきび治療をはじめ、しみやくすみの改善に使われる
方法となっています。特ににきびのヒドイ方には人気が高い
治療法となっています。

ちなみにピーリングってのは「やわらかさ」がある生まれたての
肌という意味がありますね。ピーリングを売りにしている
石鹸などもかなり出ているので試してみる価値はありますよ。

■ 草花木果が毛穴ケアでダントツ人気の理由とは?

みなさん、草花木果ってご存知ですか?Yahoo!Japanのトップページの
広告とかでよく見かけるのでご存じの方も少なく無いと思いますが、
毛穴ケア対策としてダントツ人気のスキンケアです。

毛穴ケアの化粧品って、他にも色々とあるのですが、
その中でもなぜ草花木果の人気が高いのか?ということですが、
これは「ピーリングが痛くない」からです。

ピーリングとは古くなった角質層を様々な方法で取り除き、
肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促すことでもともとの肌自身が
持っている自然な美しさを取り戻す方法です。

しかし、ピーリング効果が高いものを毎日使用すると、
肌を保護してくれている部分まではがしてしまうことになり、
逆に悪影響になることがあります。

ピリピリとして痛いからという理由で、ピーリングを使っての
クレンジングを避けるヒトも少なくありません。

「では、なぜ草花木果のピーリングは痛くないのか?」

草花木果の透肌シリーズのナチュラルピーリングは、
肌の上の不要な(あくまでも、余分なもの)角質だけを
クリアにするだけで、痛いことがありません。

使ってみてもらったらわかると思いますが、かなり気持ちよくて
ゆずの香りがたまらなく心地よかったです。

ただ、これはあくまでワタシの使用感であり、これを見ていただいて
いるアナタも絶対にそうか?と言われても正直わかりません。

興味がある方は、まずはトライアルセットで試してみてください。
それで気に入らない、合わないと感じた場合は使用を控えて、
良いと思ったら、そこで初めて使うかどうか考えてみてはいかがでしょうか?

>> 草花木果のトライアルセット公式サイトはこちら

関連エントリー

Copyright © 2009 毛穴ケア!毛穴の黒ずみ対策でツルツルお肌. All rights reserved